白内障

高齢者に多いと言われる目の病気、白内障とは、一体どんな病気なんでしょうか?白内障の原因や症状、見え方について詳しく解説します。白内障のことが知りたい人、必見です!

白内障とはどんな病気?その原因や症状、見え方などについて解説!

白内障とは?

白内障とは、透明なはずの目の水晶体が白く濁ってしまう目の病気です。

白内障は老化によって引き起こされることが多い病気ですが、他にも様々な原因があり、原因によって見え方などの症状や進行速度なども違ってくるそうです。

白内障は初期段階では目薬の使用で進行を抑えることも可能です。

しかし、生活に支障が出てくるほど進行している場合には、手術が必要になります。

白内障の症状

白内障を患っている人の多くは加齢が原因の加齢性白内障です。

白内障は、視界全体がかすんでくる、いつもより光がまぶしく感じられる、視力が低下する、暗いところと明るいところでは見え方が違ってくるなどの症状が表れます。

こうした症状が表れた場合には、白内障かもしれないので、すぐに眼科で受診しましょう。

白内障は人によって進行速度に違いがあり、白内障にかかっても、全く気付かないまま一生を終える人もいるそうです。

白内障の原因

白内障の7割以上が、加齢によって引き起こされる老人性白内障ですが、糖尿病やアトピー、遺伝、放射線、薬の副作用、目のけがなどが原因で白内障になってしまうこともあるそうです。

症状や見え方も原因によって違いがあり、加齢による老人性白内障の場合は、外側から中心の方へ濁りが進みます。

アトピー性白内障の場合は、中心から濁りが表れ、早い段階で見えにくくなったり、違和感を感じることが多いそうです。

Copyright © 白内障とはどんな病気?その原因や症状、見え方などについて解説! All Rights Reserved.